2011年1月27日

大きくなった?


kaiチャンが生まれてすぐの頃は、ほぼ24時間べったりだから、常に見ているkaiチャンのサイズに目が慣れてしまい、「monチャンの手は大きいなぁ、、」とか、「monチャンの足は大きいなぁ、、」とか、よく思わせれていた。
けど、最近、その差が縮まってきたみたいで、ふたりを見比べてもさほど感心しなくなってきた。kaiチャンも大きくなったんだろうなぁ、、と、思う。毎日見ているからわからないだけで、間違いなく日々成長している。
下の歯がもうすぐ出てきそう。。。

2011年1月20日

根っこ

ニジノタマを植え替えたときに、ポロッと落ちた葉っぱを捨てずに取っておいた。そうしたら、2週間ほどで根っこがニョキニョキと伸びてきた。
見るたびに思わずにんまり。

だけど、こうして写真で見てみると、イモムシに触覚が伸びたみたいに見えるかも。。。

こんなふうに私が、土いじりが好きなのはおばあちゃんに似たんだろうなぁ、、と、よく思う。
そういえば、今日はおばあちゃんの誕生日。

2011年1月13日

与作

静かな日が戻ってきた。、、、というのも、、、今週始めから、3日間、木を倒す業者の3人が来ていたからだ。倒される木は、我が家の隣の敷地にある大きな松の木。

もう、何ヶ月も前からlupoが提案者となって、ご近所さんと計画をし、この日に至った。


年が明けて早々、おめでたい象徴の「松」を切り倒すなんて、縁起のいいものではないが、しかたがない。風が少なく天気のいい日が続く確率の高いこの時期が都合よかったみたい。もう20メートル以上もあるこの木が朽ちるのもそんなに遠い未来でもないらしく、もしも倒れたとき被害にあうのは我が家であることと、風が吹くと容赦なく落ちてくる松の葉には、正直、もう、うんざりしていた。。。


チェーンソーを腰にロープ1本で木に登っていく姿はとてもたくましくカッコよかった。


こうやって、枝を全て取り払い、天辺から少しずつ切り落とし、ちょうどいい高さに調節。そのあと木の下の切込みを入れて、ロープで結んでおいた天辺あたりを下から引っ張り、倒す。

倒された木はチェーンソーや丸鋸で30センチずつくらいに輪切りにされた。電動鋸三重奏。とてもいい音が奏でられていた。

2011年1月10日

夏休み終了

長かったはずのlupoの夏休みもあっという間に終わって今日から仕事始め。lupoが休みの間は家事も子守りもよくしてもらったので、私も今日から仕事始めな感じ。
休みの間、とくにいろいろと予定をたてていたわけではなかったけど、振り返るとあちこちに出掛けていたみたい。

monチャンの夏休みはあと3週間。


Rieepチャン夫妻から招待を受け出かけたキャッスルポイント。暑かったけど、気持ちよかった~。

monチャンは、年間パスをゲット。実はこの次の日も行った。


この花。ポフトカワのはちみつ。ほんのり塩味?磯の風味?不思議な味で。ちょっとクセになる。

2011年1月7日

ニジノタマ


お店で一目惚れ。